スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ

視力回復トレーニング法とは?

視力回復トレーニングは視力回復に効果がありますが、過度のトレーニングは逆効果となります。視力回復トレーニングは1日10分位ときめて、毎日継続して行うようにしてください。1回視力回復トレーニングと行ったからといって、急激に効果が現れるわけではありませんが、毎日継続して行うことで効果が現れてきます。視力が回復していないように感じられても、実際には視力が悪化せずにすんでいるのかも知れません。視力が悪化するスピードが視力回復トレーニング効果を上回る場合もあるのです。視力回復トレーニングは継続して行うことで初めて効果があわられます。
具体的な視力回復トレーニング方法としては、眼球トレーニングが一般的だと思います。上下左右に目を動かし、斜めに動かした後にぐるりと左右に目を回します。意識して寄り目にしたり、反り目にしてみたりするのも、視力回復トレーニングになります。
次に紹介したい視力回復トレーニングは遠近トレーニング法です。目の近くにボールペンや指を突き出し、じっと見ます。なるべく遠くのものを見てから近くのものを見るようにしてください。遠くのものと近くのものを交互に見ることで、ピント調節のトレーニングになるのです。調節力のトレーニングであれば、見えるか見えないかのギリギリの文字を目を細めて、じっくり見るのも有効です。息を止めずに瞬きを強くして行います。終わった後は目を閉じて目を十分に休ませてください。視力回復トレーニングはメガネやコンタクトを付けずに必ず裸眼で行ってください。終わった後は目を十分に急速させることが重要な要素になります。
以上が私が調べた視力回復トレーニング方法です。視力回復トレーニングを実施する場合はあせらず毎日短時間のトレーニングを長期にわたって行うことが重要なポイントです。継続して行うことで、少しずつ視力は回復してくるのです。
スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ

日本人の視力が低下している

ここでは日本人の視力についての状況とその原因についてお話したいと思います。
日本人の視力は、近年低下し続けているといわれています。平成18年度に発表された文部科学省の調査によると、視力が1.0を下回っている子供が、小学生だと3割近く、中学生だと5割以上もいるそうです。日本人の視力が低下し続けている原因は、パソコンを長時間使用していることやテレビ、ゲームなどを長時間行っていることによる影響、慢性的なストレス、野菜の摂取量不足やカロリーの摂りすぎなどがあげられます。特に、子供のころから長時間のゲームやパソコン使用により、視力が低下する傾向がより強くなっています。携帯用ゲーム機や携帯電話なども、日本人の視力を低下させている原因のひとつかもしれませんね。大抵の日本人は視力が低下してくると、メガネをかけたり、コンタクトレンズを利用すれば問題ないと安易に考えがちですが、極度の近視は網膜剥離などの合併症を生じる危険性があります。また一旦、視力が悪くなると、どんどん低下する一方で、特別な努力をしないと、視力が回復する見込みはありません。あまりにも視力が低下してしまった場合には、通常の生活にも支障が出るためメガネやコンタクトレンズ以外の方法を検討する必要が発生します。日本では、視力が一定水準以上ないと取得できない資格や就職できない職業があります。メガネやコンタクトレンズ使用時の矯正視力が一定の基準を満足していればいい場合もありますが、特殊なケースもあります。例えば自衛官や警察官などは裸眼で0.1以上ないと鳴ることができません。また競馬の騎手は裸眼で0.6以上必要で、競艇選手は裸眼で0.8以上の視力が必要です(レーシックなどの手術により回復した視力でも可)。一方、日本の航空会社では、レーシックやレーザー治療などの視力矯正手術を受けてしまうと、パイロットになることができないようです。
このように日本人の視力は年々低下し続けており、さらには小さい子供のころから視力が低下している人も増え続けているようです。私もメガネをかけていますが、年とともに視力の衰えを感じています。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 | HOME | 

doracan

Author:doracan
FC2ブログへようこそ!






視力回復方法その1 (2)



このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる


QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。